どうなる?!Chromebookの自動更新ポリシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自動更新ポリシーが切れても、そのままChromebookが使える・・・と良いなぁ

気になる記事を見つけました。

2020年12月13日、Chromiumベースの「CloudReady OS」を提供して古いPCをよみがえらせるテクノロジー企業のNeverwareが、Googleによって買収されたことを公式サイト上で発表しました。

Gigazine:Googleが古くなったPCをChromebook風の端末としてよみがえらせる「Neverware」を買収

とのこと。

ちなみに、Chromebookの自動更新ポリシーについては、こちら↓の記事にしていますので、良ければご参照ください。

自動更新ポリシーについて →

以下、こうなったら良いなぁ・・・というお話です。

sandy beach near wavy sea water
Photo by Lachlan Ross on Pexels.com

さて、記事によると「古いPCにChromeOSを正式にインストールできる」・・・とのこと。

ということは、古いChromebook(自動更新ポリシーが切れてしまった・もしくは、切れそうだ)にも、対応できるのでは?!とも考えられますが、どうなるんだろうか・・・。

否が応でも、期待してしまいますね😊

PCの性能は日々進化していますから、”結局は新しいPCを買い換えた方がキビキビ動いていいよね〜・・・”なんて言って、買い替えちゃうことも考えられます。

が、それでもやっぱり、愛着の湧いたパソコンを”壊れていないのに”買い替えってのは、寂しいものです(懐具合もありますし)😟

Chromebookの新規購入を考えるにあたっては、この「自動更新ポリシー」がネックになりがちかと思いますが、上記のように自動更新が切れた・切れそうなChromebookに「CloudReady OS」さんが正式に適用されるのであれば、また一つ、Chromebookを手に入れるハードルが下がりそうです😉

・・・というか、タンス(?)の奥にしまってあるPCが生まれ変わるチャンスでもありますね。

まずは手持ちの古いPCでOSを試してみてから、動作が物足りないなら購入を考えるほうが、現実的な気がしてきました💦

ともあれ、とても気になる・楽しみな発表記事でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Ads