効率化

Googleカレンダーの記録(データ)を使って、引継書をラクラク作成😀

引継書に必要な日程データは、Googleカレンダーのデータをボタン一つでコピーして解決させる!

年が明けると、子ども関係の仕事もあと一息!…と思えてきます。
あと少し、頑張るぞ〜👍

…次の担当は誰になるかな?頑張って欲しいなぁ…。
あ!そうだ…!!

引継書作んないといけないのか…(正直、面倒くさい😅)

そうなんです。
やっと役目が終わる…!!と思っても次の人にキチンと仕事が引き継がれないと、まったく意味がないんですよね😅

引継ぎが面倒くさい

とはいえ、

業務引継ぎって、すごく面倒くさい😭

せっかく1年間頑張ったんだから、振り返りや気づいたこと・改善点はぜひ、次に活かしてほしい!!
…と思う反面、年間の業務をイチから振り返るのは、なかなか面倒です。

あれを、ああやっておけば…!とか、こうしたら良いよ😉みたいなことは、たくさん思いつくのですけれど💦

引継ぎ書に必要な

カレンダー
  • 日程
  • 詳細な時間
  • 場所

なんてうろ覚えだし、今からプリントを掘り起こすのもめんどくさい…。

ていうか、日程や場所なら全部Googleカレンダーに記録してあるんだから、そのデータがそのまま使えたらかなり楽なんじゃない?!

…ということで、作ってみました👍

この仕組みが完成したらボタンひとつでGoogleカレンダーのデータを表にできます

コピペでOK!
  1. 作成できた表から必要な部分だけを抜き出し(コピペし)
  2. 業務の年間記録来年度の年間予定表の土台にすることができるから、
  3. 引継ぎの工程がかなりラクになると思います😀

完成するとこんな感じです

↓↓日程がおかしい(表の年度など)ですが、サンプルということでご容赦ください🙇
年間活動記録表イメージ
年間活動記録表イメージ
年間予定表イメージ
年間予定表イメージ

ちょっと設定が面倒に感じられるかもしれませんが、一度仕組みを作ってしまえば、何度でも使うことができます

すべて無料で完成させることができますので、よかったら試してみてくださいね。

続きを読む

Trello(タスク管理アプリ)を使って、子どもと一緒に夏休みの宿題計画表を作ってみました

夏休みの宿題は例年、計画倒れ…。今年こそは何とかしたい!させたい…!!

夏休みが終わって、幾分経ちました。

我が家の子どもたち、夏休みの宿題は例年、計画倒れ…という悲しい結果に終わっています😭

そこで、今年こそは夏休みの宿題を何とかするべく、「Trello」というアプリを使って、子どもと一緒に宿題計画を立ててみました。

結果、思っていたよりも子ども達の反応も良く宿題もスムーズにできた手応えがありましたので、我が家でやってみた方法をご紹介したいと思います😀

スマホで宿題管理
  1. できるだけ簡単
  2. 子どもに宿題計画を立てさせる
  3. 子どもに宿題の進捗管理も、やってもらう
  4. 親はアプリで進捗管理(たまに声掛け)

という流れを理想形として、進めていきます!

  • Trelloって何?
  • Trelloのアカウント作成方法は?

といったところからスタートしますので、きっと大丈夫です😀!

Trelloは大きな企業でもバンバン使われている「タスク管理アプリ」です😉
親子で覚えておいて損はないはず!

続きを読む

Googleフォームで簡単!本格的なアンケートを使って面倒な業務を時短する!

PTAや子ども会の出欠確認・アンケート…印刷も配るのも大変だし、個別に集めて集計して…あぁ!面倒!!…でも、誰かがやんないと終わらない…

以前LINE日程調整をご案内しましたが(こちら

グループLINEの出欠確認は、LINE日程調整を使って”サクッ”と終わらせる!

他にもこんなことができたら、もっと便利なのになぁ…ということがありませんか?
たとえば、

  • 手っ取り早く名簿を作りたい!
  • 今度のイベント、出欠確認と一緒に簡単なアンケートもしておきたい!

などなど…。

…そのへんみんな、インターネット使えば(外に出なくていいし)楽そうじゃない?!

そこで、名簿出欠確認アンケートでも、誰でも簡単に作ることができるGoogleフォームの使い方をご案内します!

Googleフォームを使うと、こんなアンケート入力画面が簡単に作成できます😉

アンケートサンプル

イチから作るよりは、はるかに簡単に作成できます。
…が、ちょっとした(アンケートフォームの)勉強・覚えることは、必要です。頑張りましょう😀

続きを読む

一行日記のお天気データは、(子どもに内緒で)自動収集。2学期前に焦らない!

いよいよ始まった夏休み。今年も始まる一行日記。果たして今年は予定通りに進められるのか…?

夏休みが始まると、親として気がかりなのが「お昼ご飯」と「宿題」。

夏休みの宿題予定は、1学期終業式の日に(一応)計画を立てさせました…が、いまだかつて計画通りに進んだ試しがありません😭

だって私もできなかったし、今もできない😅

その中でも、とくに困るのが「夏休みの一行日記」。

子どもの宿題なので私は横から眺めるだけ…でいたいのですが、たいていは

  1. 夏休みの終わり、子どもが自分で頑張って書こうとするけど、書けない
  2. こちらがシビレを切らして、カレンダーから大きな出来事をピックアップしてヒントを出す
  3. なんとか日記を埋めていくも、お天気情報まで覚えているはずもなく、撃沈😰

ということになりがちです。

過去の天気 – goo天気 過去の天気 – 日本気象協会 tenki.jp といったサイトでは、住んでいる場所(広域)の過去の天気が調べられます😉

そこで夏休み終わりのイライラを減らすべく、毎日お昼ごろ自動でお天気情報を取得して、表に記録できる仕組みを考えてみました!

夏休みの終わりにその表を見れば、お天気情報が分かって(少しは)便利かも?!しれません。

アテにされても困るので、子どもにはナイショで進めます💦

続きを読む

グループLINEの出欠確認は、LINE日程調整を使って”サクッ”と終わらせる!

グループLINEで出欠確認をしたいだけなのに、ものすごく時間がかかる…

PTAや子ども会に参加していると、保護者連絡用としてグループLINEを作ることが増えてきました。

出欠を取ろう

このグループLINEで会議やイベントの出欠を取るのですが…

  • 出欠の確認をするだけなのに、返事する側も集計する側も、お互いに確認が面倒!

ということがありませんか?

今ではコロナ禍で、聞くまでもなく中止になることがほとんどですが💦

たとえば回答する側は

  • 出欠の返事だけではそっけないので、なにか挨拶を添える…のが面倒😅
  • 返事のタイミングが図りづらい

だし、集計する側は

面倒…
  • 出席・欠席にかかわらず、各々があいさつ文 + 返事内容を書くので、トークが流れやすくなる
    • 気持ちはとても、わかるのですが😅
  • 他トークの合間にも返事が来るので、肝心な出欠の返事を絞り込めない集計が大変
  • 既読無視になっても困るので、出欠の返事の返事をしておく…のが面倒(たとえそれが、スタンプのみでも😭)

…というふうです。

保護者の会はプライベートなグループとは距離感が違うので、より丁寧な言い回しになりますよね。

でも、お互いやりたいことは

  • 出欠確認は、簡潔に聞きたい・返事したい

なのです😅

スッキリ

そこで今回は、

  • 出欠をとる側(集計をする)は簡単に確認ができる
  • 出欠の返事をする側(回答をする)は手軽に返事ができる

という便利機能(LINE日程調整)をご紹介します!

完成イメージ

似たような機能で「LINE投票」という機能がありますが、ここでは「LINE日程調整」をメインにご紹介していきます。

「LINE日程調整」も「LINE投票」も使い方はほぼ、同じです。
LINE日程調整とLINE投票の機能の違いは、ページの最後に表としてまとめました。
気になる方はこちらからご覧下さい →

続きを読む

スマホの音声入力が便利になっていました(Googleドキュメント)

Googleドキュメントの音声入力で改行ができるように…!

Googleドキュメントの音声入力でアップデートがあり、できることが増えてました 😀

参考サイト

ということで、

Google の音声入力がアップデートされました。 大々的に発表はされていませんが、 Google の音声入力でも、句読点が打てるようになりました。iPhone の iOS は、句読点や改行をすることができましたが、 Android スマートフォンでもできるようになりました。Google音声入力がついに句読点や改行ができるように(2021年1月現在)

音声だけで改行や段落を入れることができます 😀

参考にさせていただいたサイトさんは、いろんな視点から音声入力の記事を書かれていて面白かったです。

続きを読む

朝の忙しい時間でも、体温の測定結果を簡単に記録・データ化する!

提出用に、毎日記入している体温表がたまってきたなぁ。・・・このデータ、放置したらもったいなくない?

このご時世、毎日、家族で体温チェックしています。
測った体温は表に記入 → 毎日学校に提出の流れです。

…で、思いました。この体温データ、振り返りたいときに簡単に振り返れないんじゃ、もったいなくない?

紙の表は、集計が面倒😅
毎度スマホやPCを立ち上げて体温を入力するのは、もっとめんどくさい…。

そこで

  • 簡単に入力できて
  • 体温は表データとして保存

という仕組みを考えましたので、よかったらぜひお試しください!

ここでは「体温表」としてご紹介していますが、体温を体重に置き換えれば「体重記録表」が作成できます😉

続きを読む