スマホの音声入力を使って、文章・句読点・改行まで簡単作成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

手書きなら、もう少し筆が進むのに。

キーボードで入力していると、とても手が疲れます😥

さらに、タイピングしながら文章を書くということに慣れていないので、どうしても筆(手?)が止まりがちで、なかなか思うように進みません。

  • 手書きで文章をざっくりまとめつつ、その文章をそのままパソコンに持っていきたい!
  • 文字起こしを、パソコンにしてほしい!

なにか簡単な入力方法はないか・・・。

そう思ってふと、気がついたのはスマホの音声入力
さっそく試してみたら、あら!簡単😀 あっという間に文字が入力できる!!

・・・と思ったのですが、新しい面倒が出てくる、出てくる。

  • 改行をイチイチ(手で)入力するのが、めんどくさい。
  • 句読点をイチイチ(手で)入れるのも、めんどくさい。
  • おまけに変な半角スペースがたくさん入るし・・・😱

でも、音声入力の手軽さは捨てがたいので ”スマホで音声入力が(比較的)簡単にできるもの” を作ってみました。

スマホ + Google Apps Script + Googleドキュメントを使って、音声入力します。
基本、無料でできます👍

(まだまだ勉強中の身ですので、コードや説明が稚拙な点はご容赦ください🙇‍♀️)

作るキッカケ+参考にさせていただいたサイトは、こちらです:

必要な物

  • Googleアカウント:
    Googleの各種サービスを使いますので、アカウント必須です。
  • スマホ:
    音声入力するために、使います。
  • Googleドキュメント・Googleスプレッドシート:
    音声入力したテキストの整形に使います。
  • Google日本語入力アプリ or. 音声入力アプリ:
    音声入力ができるアプリをインストールします。
  • パソコン:
    音声入力するための各種設定や、文章整形の道具として使います。
    Google Apps Script を使います。

お使いのスマホがAndroidの場合こちらのアプリ↓が、あらかじめインストールされているかもしれません。音声入力すると余計な半角スペースがたくさん入ってしまいますが、Googleドキュメントに直接入力できるのが魅力です。

ある程度の手書き原稿がある場合は、こちらの方が微調整できて便利。
(入力するときにマイクのアイコンが出てこない場合は、スマホの入力設定から音声入力を有効にする必要があります。)

Google 日本語入力

Google 日本語入力

Google LLC無料posted withアプリーチ

こちら↓は、新しくインストールが必要です。
余計な半角スペースが少なく入力も早いですが、後々Googleドキュメントで文章整形するため、都度、”コピー&ペースト”が必要です。

原稿がなく、考えながら入力する場合はこちらがオススメ。
句読点や段落分けを自動でやってくれるので、文章が見やすくなります。
反面、手入力による微調整ができないため、原稿がある場合は不向きかも。

音声文字変換

音声文字変換

Research at Google無料posted withアプリーチ

音声入力手順

  1. まずは、原稿を準備
  2. Googleドキュメントの音声入力用ファイルを開く or. スマホで音声入力用アプリを開く
  3. 音声入力モードにして、音声入力開始(入力の際に”コツ”が必要です。追々、説明します。
    • 音声入力アプリによっては入力された文字をここで、Googleドキュメントにコピペ
  4. アドオン(自作)実行

設定の仕方

Google Apps Script(略して GAS)を使って、音声入力したドキュメントの文章を自分好みに置換 → 文章を整形します。

ちなみに・・・

GASを勉強するにあたって、ものすごく参考にさせてもらっています:
いつも隣にitのお仕事
↑↑このサイトの運営者さんが書かれたこちらの本↓↓も、かなりオススメです。

Googleドキュメントの音声入力ファイルを作っていきます。

このファイル1枚を完成させれば、音声入力用ファイルとして繰り返し使えます。(整形した文章は、別ドキュメントファイルにコピペして利用します。)

入力したい原稿が用意できたら、まずはGoogleスプレッドシートの設定から。

Googleスプレッドシートの設定

句読点の設定や言い回しを自分好みにするため、置換前後の単語を登録します。(A列に置換前、B列に置換後の単語を登録)

句読点だけでなく、「子供」→「子ども」の表記で統一するなんてこともOKです👌

なので、試しに一度音声入力をして”音声入力だけだと、どんな変換になるのか?”クセを把握した後に設定すると、進めやすいです。

  1. スプレッドシートを新規作成
  2. 「無題のスプレッドシート」→ 好きな名前(例:句読点と言い回し)に変更。
    サンプル:句読点と言い回し

2021-05-25 追記:
Googleドキュメントの音声入力にアップデートがありました。改行なども音声入力できるようになっています。詳細は別記事にしましたので、気になる方はこちら↓からご覧ください。

スマホの音声入力が便利になっていました(Googleドキュメント)

☆注意とお願い

シートを開いて「ダウンロード」を選んでも、サンプルのスプレッドシートをダウンロードすることはできません

ご利用の皆様には「閲覧権限のみ」で、「アクセス権をお渡しすることはできません」ので必ず以下の方法にて、ご利用をお願いいたします🙇

  • このスプレッドシートを利用する場合は必ず「コピーを作成」して、ご自身のGoogleドライブ内にコピーファイルを作成してください
スプレッドシートの画面キャプチャ

Googleドキュメントの設定

音声入力用のドキュメントを作って、置換・整形するためのファイルを作成します。

  1. ドキュメント新規作成
  2. 「無題のドキュメント」→ 好きな名前(例:音声入力)に変更
  3. 「ツール 」→「 スクリプトエディタ」を選択(GAS画面が開きます)
  4. GAS画面のプロジェクト名を変更しておく(例:音声入力スクリプト)。
    GAS画面キャプチャ
  5. 以下のスクリプトを貼り付けてください。
function onOpen() {
  var ui = DocumentApp.getUi();
  var addon = ui.createAddonMenu();
  addon.addItem('句読点を置換します', 'kuToten');
  addon.addToUi();
}

function onInstall() {
  onOpen();
}

function kuToten() {
  //  スプレッドシート各種設定
  var ssheetId = PropertiesService.getScriptProperties().getProperty('ssheetId');//スクリプトのプロパティ
  var obj = SpreadsheetApp.openById(ssheetId);
  var sheet = obj.getSheetByName("シート1"); //スプレッドシートのシート名

  //  スプレッドシートで置換指定
  var repBefore = sheet.getRange("A:A").getValues().filter(String);//置換前
  var repAfter = sheet.getRange("B:B").getValues().filter(String);//置換後

  //  ドキュメント各種設定
  var docCngfile = DocumentApp.getActiveDocument();
  var docAdd = docCngfile.appendParagraph("");

  var p = docAdd.appendText(docCngfile.getBody().getText());

  for(var i = 0; i < repBefore.length; i++){
    p.replaceText(repBefore[i], repAfter[i]);
  }

  //  改行は、スプレッドシート内の表記でうまくいかないので・・・スクリプト内に記述。
  //  半角スペース削除も同上。ドキュメント側で実行。「\s」→「」(正規表現)
  var cngKaibefore = ["かいぎょう", "改行", "開業"]; //置換前
  var cngKaiafter = ["\n", "\n", "\n"]; //置換後

  for(var i = 0; i < cngKaibefore.length; i++){
    p.replaceText(cngKaibefore[i], cngKaiafter[i]);
  }
}
  1. 貼り付けたら保存します。( スクリプトのタブに付いていた、赤い「*」が消えたら保存完了。)
スクリプトの簡単な解説と補足

1行目
function <span class="tadv-color" style="color:">onOpen()</span>
→ Googleドキュメントで簡単に置換作業ができるように、アドオンを新規作成します。

8行目
function <span class="tadv-color" style="color:">onInstall()</span>
→ 1行目の function onOpen() を実行して、ドキュメントファイルにアドオンをインストールします。

12行目
function <span class="tadv-color" style="color:">kuToten()</span>
→ 文章の置換と整形を行います。

14行目
スクリプトのプロパティの設定をします。

2021-04-01 追記:
スクリプトのプロパティ設定画面は、2021-04-01現在、旧エディターでのみ使えます。

Google Apps Scriptでのプロパティ設定方法は一番「ベタ」なやり方で

  1. GAS画面の「ファイル」→「プロジェクトのプロパティ」→「スクリプトのプロパティ(タグ)」を選択
  2. 行を追加
  3. 「プロパティ」に「ssheetId」と入力し、値を入力します
    ここで入力する値は、先ほど作ったスプレッドシートのアドレスの一部を入力します
  4. スプレッドシート→アドレスの◯◯◯部分のみ
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/◯◯◯/edit…)
    をコピペして貼り付け→保存

16行目
スプレッドシートのシート名を設定します。
先ほど用意した、スプレッドシートの置換用シートの名前を設定します。デフォルトでは「シート1」です。

19行目
スプレッドシートで置換指定します。

  • 「A列」は、置換前の文字
  • 「B列」は、置換後の文字


参考のスプレッドシート(句読点と言い回し)では、「とうてん → 、」「まる → 。」のように置換指定しています。

音声入力していく上で、読点は「てん」と発音したほうがテンポよく入力できるのですが、そうすると音声入力の段階で「てん → 10」と変換されることが多いです。

置換指定で「10 → 、」と設定してみるのですが、「10円」「10個」など、軒並み数字の「10」が入るものを置換指定しなければならず・・・。

「、」は「とうてん」と読んだほうが、追々ラクだという結論です。

23行目
ここから、置換作業を開始します。

スプレッドシートで設定した置換内容を、1行目から順番に実行します。
置換指定する単語が多いほど丁寧な作業ができますが、それだけ作業時間も長くなるので、程よく指定しておきましょう。

また、長すぎる文章(ドキュメントシートの2枚めにまたがるような文章)は、2枚め以降、置換が効かないので、注意してください。

34行目
ここで、改行の指定をしています。
改行指定はスプレッドシート内の表記では置換できなかったため、スクリプト内に表記しています。

ホントは不要な半角スペース削除もやりたかったのですがどうしても、スクリプトでの記述がうまく行かなかったので、ドキュメント側で置換作業してください 🙇‍♀️

「\s」→「」(正規表現にチェック)

「\」は、半角の「¥」マークで入力できます。

—————————
2020/10/12 追記:
「¥s」や「\s」で入力しても、反応してくれないようです。
代わりに「 」←半角スペースを直接入力 だと、反応してくれました。
うまくいかない場合は、こちらも試してみてください。

GASの実行

ここまで来たら、あと一息です。
まずは、音声入力のアドオンをドキュメントにインストールします。

今作っているファイルにのみ、インストールされます。
他のファイルや、これから新規作成するファイルにはインストールされませんので、ご安心を。

GASの画面上にあるツールバーから、

  1. 「関数を選択」→「onInstall」を選択
  2. 「関数を選択」 の2つ左隣にある「▶」マークで、実行

すると、ドキュメントファイル「音声入力」のアドオンに

  • 「アドオン」→「音声入力スクリプト」→「句読点を置換します」

が、表示されます。

あとは用意していた原稿を元に、

  1. スマホで音声入力
  2. スプレッドシートで半角スペース削除
  3. アドオンで句読点置換を実行

・・・すると、置換後の文章が表示されますので、コピペしたら、 あっという間にドキュメント原稿ができあがりです😃

まとめ

このページでは、音声入力用のGoogleドキュメントを作って、簡単にドキュメントファイルを作る方法をご紹介しました。

実際にこのページでも、手書き原稿→音声入力→ドキュメントファイルからブログ作成・・・の手順で進めましたが、やっぱり、手書きのほうがアウトプットしやすくて、普段よりもスムースに原稿を書くことができたかな?と思います。

私も実際に使い始めてみて、音声入力の ”コツ” がつかめていない部分はありますが、音声入力の ”コツ” と ”クセ” がつかめたら、もう少し早く入力できそうだな~と思っています。

良かったらみなさんも、試してみてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Ads