パン作り

杏ジャム – from Instagram

 - from Instagram
杏酒からの、杏ジャム。これの前は、自家栽培ブルーベリージャム。次は梅ジャムだ~!

スポンサーリンク

やっぱり手捏ね

 - from Instagram

自家製酵母が迷走しまくって、やっぱり手捏ねにしてみました。ついでに、食パン型も購入(^_^;)。手捏ねの方が、失敗少ない…かも。初めての食パンにしては、上手くいったのではないかと。

スポンサーリンク

自家製酵母その後 – from Instagram

自家製酵母- from Instagram

そういえば色々と試行錯誤していた自家製酵母ですが、今では落ちついた酵母が作れています。“液を作る時に、しっかりと発酵させる”というのが、私のポイントだったようです。

[amazon_vcitem keyword=’4391627884′]自家製酵母の本[/amazon_vcitem]

バナナ酵母を起こしました。

バナナ酵母2日目

そんなこんなで以前入院した時にダメにしてしまった自家製酵母。どうにも酸っぱい臭いがして、使う気にもならなかったというほどでした 😥

で、しばらくサフ インスタントドライイーストを使って「さすがドライイースト!時間がかからないわぁ♪」なんて思っていたんですが、そろそろ自家製酵母のパンが恋しくなってきました・・・。で、久々の酵母起こしです。暖かくなってきたしね 😉

バナナ酵母初日
今回はバナナ酵母に挑戦してみました。
以前の酵母起こしはこちら

リンゴ酵母も良かったんですが、私が起こすとどうにもパワーが弱いというか・・・。で、もっと初心者向きそうなバナナ酵母を作って見ることにしました。場所はいつもの炊飯器(保温中)の上です。

バナナ酵母
ドキドキするくらい黙ったままのバナナ酵母でしたが、いきなりスイッチが入ったように発酵しだしました。そこからは早い、早い。ホントは1日置いて落ち着かせる方が良いみたいですが、あまりのブクブク具合にビビってここでストップすることにしました。

バナナ酵母おしまい
実まで捨ててしまうのはモッタイナイので、消毒したお箸でつつきながら実と皮を分離。コレでおしまい。

あいかわらずアバウトなもので、完成したパンがないのですが・・・ :mrgreen: バナナ酵母だけでパンを焼いて、見事においしいパンができました。今までクイックヨーグルト酵母でしか成功(フワフワのパン)していなかったので、かなり嬉しかったです 🙂

バナナ+カスピ海ヨーグルト酵母初日
バナナ酵母パンは美味しかったのですが、コレだとすぐに酵母が無くなってしまうので、【公式】フジッコ カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌(1セット)でクイックヨーグルト酵母を作ってみることにしました。
今までは買ってきたヨーグルトを使っていたんですが、いちいち買ってくるのが面倒なもので・・・。

で、結果コレは失敗 😥
ヨーグルトのパワーが足りなかったのかなぁと思います。
ぺっちゃんこなパンはやっぱり悲しい気持ちになるので、残念ながらサヨナラして新しくクイックヨーグルト酵母を作り直し中です。今回はパワーもバッチリ。まだパン作りはしていませんが、これだったらおいしいフワフワパンが食べられそうです。

そうそう、酵母起こしでよく耐熱ガラス瓶を使いますが、私はコレが一番具合がいいと思います。

前はジャムの空き瓶を使っていたんですが、ジャムの瓶は発酵が進むとフタが開かない・・・ 😐 こっちの瓶だとフタの赤い部分を引っ張れば、空気が入る仕組みでフタがラクに開きます。ていうか、発酵が進んできたらわざと赤い部分を上げておいて、空気の通り道を作ってあげると便利(←バイキン入るかな?自己責任で 😉 )。

今度は柿酵母に挑戦。

なんだか色がぼんやりしてしまいましたが・・・。柿で酵母作ってパンを焼いてみました。
参考にしたのは前回も紹介したこちら↓

『自家製酵母』のもっちりパンとざっくりパン―いちばんカンタンでおいしい! (主婦と生活生活シリーズ)

酵母はブクブク泡立って上手く行ったと思ったんだけども、実際にパンを焼いてみるとまだまだだったことがわかりました・・・ 🙁
味はおいしいんだけど、えぇと・・・”実の詰まった”パンになってます :mrgreen:
クイックヨーグルト酵母に比べると、どうしてもパワーが弱いです。ていうか、もう少し発酵時間が必要なのかな?

最近のパン作りは
くだもので酵母作り→(新鮮なうちに酵母のみでパン作り)→クイックヨーグルト酵母へパワーアップ→元種作り→なくなったら最初に戻る→

こんな感じで落ち着いてきました。
精進あるのみでございます 😉

手間を(できるだけ)かけずに、自家製酵母パン

TWINBIRD 「1.5斤まで焼ける」 ホームベーカリー ホワイト PY-D433W

さらにさらに、自家製酵母でのパン作りに試行錯誤している私でございます。

「自家製酵母のパンをなるべくホームベーカリーに頼って作る。」

これをお題に、何とかできないものかと。だって、
こねるのが面倒。
温度管理が面倒。
でも、おいしいパンが食べたい。
食パンを作るのであれば、ホームベーカリーで簡単に作れるようになりましたが、ちょっと食パンにも飽きてきた。というか、以前買った本に載っているパンが凄く美味しそうで。

で、ちょっとヒラメキ。

ウチのホームベーカリー(↓の旧型)は

天然酵母の生地作りコース+レーズン投入機能があって、その時のお知らせモードを利用することに。これで一次発酵までは、ホームベーカリーだけでいけそう!あとは、手で形作るだけ 😎
(よく考えてみると、天然酵母生地作りコースで完了させてしまっても、構わない気もする・・・。今度試してみよう。)

そういうことで、さっそく実行してみました。が。生地がベタベタになって失敗(焼いて食べれば問題なかったですが)。えぇー・・・なぜ・・・ 😥

実は意外に簡単なミスだったのですが、それに気がつくのにえらく時間がかかりました :mrgreen: これ、水分量が多かったために起こってました。

のとおりの分量通りに作ってるのになぜー?!

という思いが、私の目を曇らせていました。自家製酵母でのパン作り、夏場はちょっと水分量を控えめにしたほうが良いようです(ちゃんと本にかかれてました)。ホームベーカリーに頼り切ってしまってたので、その辺がすぐにわかんなかったんですねぇ・・・。いやはや。

まぁ、そんなこんなで今はおいしいパンがなるべく手間をかけずに食べられています。

また久しぶりにりんご酵母に挑戦してみようかなー 🙂

自家製酵母は奥が深い・・・ークイックヨーグルト酵母

おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本

以前、自家製リンゴ酵母であれこれしていましたが、あれからすぐに失敗してしまって(液種おこしで発酵させすぎて、ものすっごい酸っぱいパンができました・・・ 😥 )挫折。アバウトな私には向いていないかなぁ・・・と、しばらく自家製酵母でパン作り、遠ざかっていました。

が。
図書館でたまたま出会った本が良かった!
この本で作ると、失敗が少ない・・・かもしれません。

おうちでゆーっくりたのしむ『自家製酵母』のパンとお菓子の本

クイックヨーグルト酵母、かなりいいです。
自家製酵母のパンで深く味わいたい・・・気も山々ですが、私はどちらかというと、そうは言っても安定しておいしいパンを食べたい。で、出来れば手間は少ないほうがいい。だって私、めんどくさがりだし :mrgreen:
そんなわがままに、結構ついてきてくれます。5・6回パンを焼きましたが、全然失敗なしです。

パンを作っている途中で酸味のある臭いがして、ふと、あの酸っぱかったリンゴ酵母の悪夢が蘇りもしましたが、大丈夫。ヨーグルトの酸味の香りです。食べる時には全然酸味はないのでOK!ていうか、とても美味しいです 😀
図書館の本は返してしまったので、もう少しバリエーションがありそうな、こちらの本を買いました。この順番で読めば、理解がしやすいと思います。

『自家製酵母』のもっちりパンとざっくりパン―いちばんカンタンでおいしい! (主婦と生活生活シリーズ)

しばらくこれでパン作り続けてみます。

実はまだ、かなり初心者な問題(?)が残っているのですが・・・。とりあえず、このへんで。