映画

スポンサーリンク

落語ブームだぁっ!(タイガー & ドラゴン DVD-BOX)

tiger_and_dragon.jpg

タイガー & ドラゴン DVD-BOX
amazon >>

毎週楽しみにしていた、「タイガー&ドラゴン」がとうとう終わっちゃいました・・・。
いやぁ、ほんと、面白かったよなぁ。
一番最初のスペシャル版、タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」は見ていなかったんだけれど、それでもかなり、面白かったです。

・・・で、DVDなんですが、これ、ヤバいです(笑)。
続きを読む

スポンサーリンク

そんな目で見つめないでください・・・(さらば、わが愛?覇王別姫)

haoubekki.jpg

さらば、わが愛?覇王別姫
amazon >>

前のエントリーを書いてて、このDVDジャケットを見ていたら・・・。久しぶりにレスリーのまなざしにうっとりしちゃいました(笑)。

中国激動の時代に生きた、京劇俳優の程蝶衣と段小樓。女形の蝶衣は段小樓を愛していたが、彼は娼婦と結婚してしまう…。戦争が、京劇という芸術の世界も侵しつつあった時代を背景に描かれる、ふたりの男たちの愛憎のドラマ。

前半は、京劇の学校で厳しい訓練に耐える主人公の少年ふたりの友情にスポットをあて、後半は、時代の波に飲まれながらも、愛と演劇を貫く男たちのストーリーがつづられる。段小樓を愛しながらも、その愛を得ることができず、苦悩する程蝶衣を演じるレスリー・チャンの艶やかな美しさが圧倒的な存在感を見せる。段小樓と結ばれる娼婦はコン・リー。監督はチェン・カイコー。カンヌ映画祭パルム・ドール賞受賞作。(amazon >>より)

続きを読む

カタコトのニホンゴ(2046)

2046.jpg

2046
amazon >>

久しぶりに観た、ウォン・カーウァイ作品。

あいかわらず、におうような空気と、美しい映像でした。

1960 年代の後半、香港の古びたホテルに住むチャウ(トニー・レオン)は、それまで自分が接してきた女性たちとの思い出やこだわりを胸に、ある近未来SF小説『2046』を書き始めていく。それは、失われた愛を見つけることができるという“2046”へ向かう謎の列車の物語。2046から帰ってきた者はいないという。ただひとりの男(木村拓哉)を除いては。そして今、男は再び列車に乗り込んでいた…。(amazon >>より)

続きを読む

のど元は急所です。気をつけましょう。(お父さんのバックドロップ)

backdrop_papa.jpg

お父さんのバックドロップ
amazon >>

ほぼ日強力プッシュ+たまたま映画館の近くにいた+もう上映が終わってると思ってたら、ちょうど上映されてた ということで、観ました。

これはね、あれですよ。
わかってても、泣いちゃいますよ。
強力プッシュ。
おすすめっ!!

内容:
中年プロレスラーとその息子の父子愛を描いた中島らもの短編小説を映画化。12kg体重を増やしプロレスラー役に挑んだ映画初主演の宇梶剛士と『インストール』の人気子役・神木隆之介共演によるハートウォーミングドラマ。(amazon >> より)
続きを読む

手のひらは、ちょっと気持ち悪かった(笑)(スパイダーマン )

superbit.jpg

スパイダーマン (SUPERBIT) amazon >>

昔、小さい頃どこかで見たスパイダーマンは、壁に張り付いてるし、変な色だし、変な模様があるし、気持ち悪くってキライだったのですが、映画予告を見て”あら、かっこいいかも?”と思いなおし・・・。

で、なんとなくそのままにしていたら、いつの間にかスパイダーマン 2 が出ていたのでありました。U.S.J.にも行ったし、アトラクションも面白かったし・・・で、観てみました。

内容:
気弱な学生だったピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は、ある日遺伝子操作された蜘蛛に噛まれたことから特殊能力を身につけるようになり、やがてその力を活かして密かに正義のために尽くそうとする。そんな折り、彼の友人ハリーの父ノーマン(ウィレム・デフォー)が化学実験の副作用で二重人格となり、邪悪な「グリーン・ゴブリン」と化してしまう…。
スーパーマン、バットマンと並ぶアメコミ・ヒーローを『死霊のはらわた』などで知られるサム・ライミ監督が完全映画化。幼なじみのヒロイン(キルスティン・ダンスト)を思う主人公の青春映画であり、わざわざスパイダーマンの衣装を自分で縫い、それに着替えて悪と戦うヒーローのコミカルな味わいが楽しいおとぼけ映画でもあり、現代のCG技術だからこそ成し遂げたスピーディなアクション巨編でもありと、娯楽映画の要素を過分なく詰め込んだ快作だ。蜘蛛の糸を使ってワイルドに摩天楼を飛び交う、スパイダーマンの美しさ!(amazon >> より)
続きを読む

苦笑い・・・(LOVERS)

lovers.jpg

LOVERS amazon >>

内容:
西暦859年、唐代の中国で、朝廷は反乱軍最大の『飛刀門』撲滅を画策。官史の金と瀏に、指導者を10日以内に捕らえるように命ずる。飛刀門の娘と思われる小妹は目が不自由で、金は反乱戦士を装い小妹に接近。捕らえられた彼女を救出するふりして、敵のアジトまで導かせようと企むが、旅の途中でふたりの心はひかれあってしまう。
小妹にチャン・ツィイー、金に金城武、瀏にアンディ・ラウ。中国、台湾、香港のスターの豪華共演となる本作は、チャン・イーモウ監督作で、同じくイーモウ作品『HERO』のスタッフが結集。激しいアクションが多く出てくるが、内容は濃厚なラブストーリー。… (amazon >> より)
続きを読む

かわいいよぅっ(ミトン)

miton.jpg

ミトン amazon >>
これは欲しいDVDってことで。
だって、もう、ジャケット見ただけで私のハートをわしづかみ(笑)。

内容:
チェブラーシカ』のスタッフが1967年に製作したパペット・アニメの短編。心がささくれていると感じたときには、最適の逸品だ。主人公の少女は、子犬を飼いたくてしかたがないが、ママは猛反対。がっかりした少女が、雪の上で真っ赤な手袋を犬だと思って戯れているうち、いつの間にか手袋はかわいい子犬に変身してしまった! まったく台詞を使わずに、人形の微妙な顔の向きや姿勢で感情を表現するテクニックに引き込まれ、フェルトや毛糸の質感からノスタルジーが伝わる。軽快でシャンソン風のメロディも耳に心地よい。
同じスタッフによる『レター』ではベランダが空を飛び、『ママ』ではママが留守中の家でのイタズラが展開。子どもたちのイマジネーションは国境も、時代も超え、素直に感動できる。60?70年代に作られたこの作品群は、色づかいや小道具のデザインが、いま見ても妙に近未来を感じさせるが、それもスタッフの手腕だろう。(amazon >> より)
続きを読む

あぁー・・・悩ましいっ!(新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX)

sinsengumi.jpg

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX  amazon >>

やったあぁぁー・・・!!
ついに発売決定です!
それも、完全版で出るようです!
やっほ?いっ!!

内容:
香取慎吾主演×三谷幸喜脚本、幕末を駆け抜けた新選組隊士たちの熱き生き様―。2004年1番の話題を集めた傑作大河ドラマが、早くもDVDで登場!第1回?第27回までの前半を収録した7枚組。
【特典内容】(予定)
●NHKにて放送されたメイキング番組「大河ドラマ“新選組!”魅力のすべて(25分番組)」
●各巻に「新選組を行く(一部)」
●プレマップ
●解説書封入
amazon >> より)
続きを読む

ハニィー・・・フラァッシュ!!(キューティーハニー)

cutie_h.jpg

キューティーハニー amazon >>

最近DVDづいてます。
立て続けに2本見ちゃいました。(それも両極。笑。)

内容:
上司に怒られつつもOLライフをエンジョイしている如月ハニー(佐藤江梨子)の正体は、「Iシステム」を発動させて何でも変身できるアンドロイドであった。しかし、そんなハニーのIシステムの秘密を探るべく、悪の結社パンサークローが動き出した。ハニーは謎の新聞記者・青児(村上淳)やガチガチの警視庁刑事・夏子(市川実日子)とともにパンサークローが送り込む刺客に立ち向かっていく!
永井豪・原作の人気TVアニメをベースに『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督が実写映画化した話題作。アニメ版のサイケでポップなテイストを活かしつつ、70年代TV特撮ヒーローものの雰囲気も盛り込み、その上でマンガやアニメを含む永井豪ワールド全体への敬意を表した作品に仕上がっているのが何よりも嬉しい。(amazon >> より)
続きを読む

深い・・・(イノセンス)

innocence.jpg

イノセンス amazon >>

内容:
人々が電脳化された近未来。少女型の愛玩用ロボットが暴走し、人間を殺傷するという事件が頻発する。それを捜査する公安9課の刑事バトーは、自らの脳にハッキングを受けるという妨害を受けながらも、真実に近づいて行く。1995年に公開された『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の直接的な続編であり、押井守監督のアニメ作品としても9年ぶりとなる、全世界待望の1作だ。前作の主人公、草薙素子ももちろん”登場”する。
美麗なCGで彩られる画面の情報量も、サスペンス調の本筋を時に逸脱して語られる”禅問答”の量も、前作を遥かに凌駕。躊躇なく難解な一方で、バトーという寡黙なサイボーグに感情移入しやすい味付けがなされているのが今作のミソだ。そうして描かれる”未来”は、機械とネットに支配されながらもこの上なくウェット。それこそが、前作が提示した”人間とは、魂とは何か”という問いへの渾身の回答なのだろう。…(amazon >> より)
続きを読む