ゲーム

スポンサーリンク

悩みまくりました(ドラゴンクエストV 天空の花嫁)

dq_v.jpg

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (ドラゴンクエストVIII プレミアム映像ディスク同梱)
amazon >> 楽天市場 >>

今日は台風でとても通勤できる状況ではなかったので、お仕事お休みです。だいぶん落ち着いてきたようですが、たまに突風が吹いてます。
今回の台風も、すごかったです・・・。

内容:
新作が発売されるたびに社会現象を引き起こし、人々の注目の的になったRPG「ドラゴンクエスト」シリーズ。本作は、1992年に発売された第5作目をPlayStation2用にリメイクしたものだ。前作をプレイした人でも新鮮に感じるさまざまな工夫がほどこされているのが特徴。

父親とともに旅を続ける主人公がやがて青年へと成長し、親子三代にわたって語られる冒険の物語。ゲームプレイの最も重要な分かれ道として、究極の選択を迫られるエピソードを盛り込んでいたのが懐かしい。もちろん、はじめてプレイする人はその壮大なストーリーに驚かされることだろう。…(amazon >>より)
続きを読む

スポンサーリンク

男の子ってタイヘンなのね・・・(ico)

ico.jpg

ico amazon >> 楽天市場 >>

解説:
完成された独特の世界観と、切なく心を振るわすストーリーで高い評価を得た『ICO』。その名作が価格改定したPlayStaiton 2 the Bestとしてふたたび登場。ゲームは、そこかしこに仕掛けられた謎を解きながら舞台となる霧の城から脱出することが目的のアドベンチャーだ。だが、主人公が単に脱出するのが目的ではなく、城の中で出会った不思議な少女と手に手をとって、エスコートしながら彼女を外へ導くという、一風変わったコンセプトをもっている。

「角の生えた子どもは生け贄にならなければいけない」。そんな掟のある村に生まれたイコには2本の角が生えていた。ある年、イコは村の神官に連れられ、孤島にそびえ立つ城にいけにえとして捧げられた。彼はじっと静かに目を閉じていた。だが、突然起こった地震によってイコは閉じこめられていたカプセルから脱出し、城の中で自由の身となる。さまよい歩くうち、1人の少女と出会った。言葉の通じない2人。でもイコはそっと彼女に手を差し出す。「一緒に城から脱出しよう」。そこからイコと少女の冒険が始まった。… (amazon >> より)
続きを読む

異議ありっ・・・!!(逆転裁判2)

saiban_2.jpg

逆転裁判2 amazon >> 楽天市場 >>

解説:
前作から約1年の歳月をへて奇跡の弁護士、成歩堂龍一が主人公の法廷アドベンチャー『逆転裁判2』が登場。新しく「綾里春美」「狩魔冥」などのキャラクターを加え、ますます充実した内容になった。

今回の作品は、新しい情報入手の手段として「人物ファイルつきつける」や、ゲーム中に入手できる「勾玉」を使った「心の秘密」を見る事が可能な「サイコ・ロック(心理錠)」が用意されているのがポイント。

実際の裁判の要素をアドベンチャーゲームに仕上げて好評を博し、一躍メジャータイトルの仲間入りを果たした「逆転裁判」シリーズ。続編の『逆転裁判2』でも、証人たちの証言を崩していくための「つっこみ」や証拠品の「つききつけ」は健在。ハイテンションなサスペンスアドベンチャーを楽しむことができる。(amazon >>より)
続きを読む

ちいさなアクマのとりこ。(XIゴ)

xi_go.jpg

XIゴ amazon >> 楽天市場>>

これ、やばいですよー。

やりだしたら、もうとまらない。
めくるめく、さいころの世界。
夢にまで出てくる、さいころたち。
すばらしい世界です。

私なんか、途中で「うわあぁ?、目が痛いようぅ?(泣)。」とか言ってやってます。
熱中しすぎて、瞬きを忘れてるようです。
もう、サイアクですね(笑)。

ルールを知らない方にざっくり説明をいたしますと、さいころの上に出てる目の数のぶん(または、それ以上)さいころをタテヨコに並べると、さいころが爆発して点数が入る・・・。といったゲームです。

これの前のバージョンは、爆発しないでさいころが沈んでいくだけだったんですが、爆発することでさらに楽しさ倍増です。そして、とてもアタマの体操になる・・・と思います。今回のPS2版は、じっくりパズルのクエストモードもありますよ。

私はむちゃくちゃへたくそなんですが、これは地図が読めない・方向音痴なのと関係があるんじゃないかと思ってます。・・・ちがうかな?

キャラクターも、ぷくぷくしててカワイイです。

ピンクのしおり+ちょこっとまで(かまいたちの夜2)

kamaitachi.jpg

このお正月休み(後半)に、やってみました。
かまいたちの夜2 amazon >> 楽天市場 >>です。

・・・いや?ぁ。・・・お正月にやる内容じゃないっしょ・・・。

と、やった後に思いました(苦笑)。
キショ・グロ・ギャグ のオンパレードです。

ギャグはいいんですが、キショい(気色悪い)・グロいのオンパレードはさすがにちょっと・・・。私、ある程度の免疫はあると思ってたんですがそれでもね・・・。前作をしていないのでなんとも言えないんですが、あまりにも簡単に、たくさんの人が死にます。たくさんの方法で、人が死ぬところを見れます(苦笑)。それが、ちょっと度が過ぎているかなぁと思いました。ギャグの方は、好みが分かれるかもしれませんね。私は面白かったですよ。

一方、画面とか、音楽とかの技術面はよかったです。東儀秀樹さんが音楽に参加されてます。今まで選んだ選択肢がチャート表示されているのも、とてもやりやすかったです。

あ、そうそう、私、全部の物語はクリアしてません。
わりとすぐに攻略を見ちゃうほうなんですが、○○編とか、××編とか、タイトル見ただけで”やりたくないなぁ・・・”と(笑)。で、最終的に、どんな風になるのかをありがたく見させてもらって、終了。

ホラー映画が大丈夫な人は、どうぞ。

キレイですね?(FF XII)

こちら、koik:af:e blogさんのサイトで知ったんですが、じわじわと情報が出てきだしたみたいですね。「FF XII」

私はどちらかというと、ちびっこキャラクターのほうが好きなんですが(「FFIX
」とか)、今回は8頭身のキャラクターのようです。

・・・それにしても、絵がキレイ・・・。
(チョコボがよりリアルになっていくのは、なによりウレシイ。笑。)

より質感がアップしてるみたいです・・・。
どんなゲームになるんでしょう。楽しみです。(発売時期は、2004年 夏 予定との事。)

ところで、初トラックバックしてみました。ちゃんと動いてるかしら・・・?ドキドキ。すこしずつ、いろんな機能使っていこうと思います。便利だしね。
続きを読む

平和な世界(FF 7)

ハイ。そうです。

また、ひとつの世界を平和にしてしまいました・・・。
です。

前回「FFX-2」をやって、・・・なんだかなぁ・・・と思ってたときに出会ったのがアルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVII インターナショナルなのでありました。さっそく身近な”FF好き”に感想を聞いてみたところ、「面白いよ」との返事が。

これはもう、やるしかないじゃないですか。
・・・お口直しっていうか(笑)。
FFは、こんなもんじゃないんだぞというところを見せてもらおうと。

で、結果ですが、

面白かったです。

さすがに、PSとPS2の力の差はまざまざと見せ付けられますが、カクカクした人物もレゴブロックみたいでかわいいものです。ていうか、そもそもゲームは画像だけではないですからね。

前回は「FFX-2」をやったときに、女の子チックだと思ったと書いたんですが、今回のアルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVII インターナショナルは男の子だなぁと思いました。もちろん今回はいい意味で。

ええと、
”厳しさ”と”やさしさ”がほどよいというか、いい具合にスパイスが効いてるな。
と、そんな感じでした。

そうそう、私は「インターナショナル版」をプレイしたんですが、こちらだと通常版にはない要素がいろいろありますので、これからプレイする人・・・いるのか?・・・もしもいるならば、こちらをオススメします。

脱線————-
続きを読む

ついに・・・(MOTHER 1+2)

mother12.jpg

MOTHER 1+2 amazon >> 楽天市場 >>の「2」のほうも、エンディングを迎えてしまいました。なんだか、

あー・・・・・・。

ていう感じです。とうとう終わってしまったか・・・。と。
なんとなく、エンディングに近づいているなぁとは思ってたんですけれどね。ちょっともったいない感じがして、最近はすこし遠ざかっていました。

で、昨日なんとなく時間ができたんで、なにげなくプレイ再開したら(そういう再開の仕方がいいよな。とかちょっと考えつつ)、やっぱりそのままエンディングを迎えてしまいました。

今回、吸い込まれるように怖いこと(イベント)がいくつもありました。エンディングだけでなく、物語の間にも。そういう時、私は(ていうか、たいていの人は)いろんな問いに対して、この場合はこうした方がいいという模範解答がわかるものですが、それをわかった上で選んでいても、なんだか怖かった。そういう怖さを客観的に面白がってみようとする自分もいるんですが、それでも思わずボタンを押す前にちょっとためらってしまう怖さというか。

名作といわれる所以がわかった気がしました。

ひとりひとり、それぞれの「MOTHER」が大切にされるのも、やっと実感としてわかりました。
うん。面白かったです。

またひとつ・・・(MOTHER 1+2)

mother12.jpg

世界に平和が訪れました・・・。あ、いや、MOTHER 1+2 amazon >>のことなんですけど(終わったのは、MOTHER1のほうだけです)。あー・・・良かったです。エンディングで、ぐわっ!ときました。エンディングに向かう道のりも、いいですね。ただひとつ、一番めちゃくちゃ残念(後悔?)だったのは、このゲームがリアルタイムでできなかったこと。ま、個人的な都合なんですが。まだ子供だったころに、やりたかったなぁ。今だとやっぱり、冷静にやっちゃう部分があるからなぁ。うーん。

そういえば(ちょっと年齢が上がるけど)ライ麦畑でつかまえて : J.D.サリンジャー〔著〕 amazon >>も、もう少し早く出会ってれば・・・と思ったなぁ。今読むとまた、違う感じがするだろうか・・・。

ま、それはともかく。いろいろ言っても、結果的に出会えてよかったですね。たぶん、今と比べるとプレイ時間が短いゲームだから、もう一回やってもいいかな。ていうか、まだMOTHER2があるんでそっちも楽しみです。あ、MOTHER 1+2について私はとてもこの人の文章が好きです。ついでに、同じ人が書いてるココもオススメ。お暇なら(お暇じゃなくても?)、ぜひどうぞ。
続きを読む

やっちゃいました(FF X-2)

ff10_2.jpg

今、時間がたくさんあるので(笑)クリアしちゃいました。やっちゃったなぁ・・・。という感じです。いろんなイミで。私がPS2買って、はじめに買ったのが「FF-X
」で、クリアしたー。とおもったら割とすぐ、出たんですよ。FINAL FANTASY X-2が。で、なんかすごい(一部ファン層を)狙ってる感じがするとか何とか言いながら、買ってしまったわけです。話のつづき、気になったし。

・・・ふー。
買ったことを後悔はしませんが、すごい女の子チックだな?というのが感想でした。で、私そんなにたくさん「FF」ってしたことないんで、昔ながらのファンの方々はどう考えているんだろうとamazonのFINAL FANTASY X-2のカスタマーレビューを見たんですが。

すごいですね(笑)。

思い入れがあるからこそ。
なんだかんだ言っても、このレビュー数は”さすがだなぁ・・・”と思わされました。確かになぁ。ベツモノと考えないと、最後の最後、あの”××エンディング”は余計だよなぁ。

ところで、レビューの中で皆さんFINAL FANTASY 7が良い、良い とおっしゃってるのですが、そんなに良いんですか?したくなるじゃないですか。ううむ。でもその前にMOTHER 1+2やんなくちゃ。あ。コレ気になります。十二国記 – 紅蓮の標 黄塵の路… どうなんだろう?原作ファンとして、すごく気になる・・・。

ああ、ゲームづくしになってしまった。この文章自体が”やっちゃった”のかもしれませぬ。