スポンサーリンク

自家製酵母は奥が深い・・・ークイックヨーグルト酵母

おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本

以前、自家製リンゴ酵母であれこれしていましたが、あれからすぐに失敗してしまって(液種おこしで発酵させすぎて、ものすっごい酸っぱいパンができました・・・ 😥 )挫折。アバウトな私には向いていないかなぁ・・・と、しばらく自家製酵母でパン作り、遠ざかっていました。

が。
図書館でたまたま出会った本が良かった!
この本で作ると、失敗が少ない・・・かもしれません。

おうちでゆーっくりたのしむ『自家製酵母』のパンとお菓子の本

クイックヨーグルト酵母、かなりいいです。
自家製酵母のパンで深く味わいたい・・・気も山々ですが、私はどちらかというと、そうは言っても安定しておいしいパンを食べたい。で、出来れば手間は少ないほうがいい。だって私、めんどくさがりだし :mrgreen:
そんなわがままに、結構ついてきてくれます。5・6回パンを焼きましたが、全然失敗なしです。

パンを作っている途中で酸味のある臭いがして、ふと、あの酸っぱかったリンゴ酵母の悪夢が蘇りもしましたが、大丈夫。ヨーグルトの酸味の香りです。食べる時には全然酸味はないのでOK!ていうか、とても美味しいです 😀
図書館の本は返してしまったので、もう少しバリエーションがありそうな、こちらの本を買いました。この順番で読めば、理解がしやすいと思います。

『自家製酵母』のもっちりパンとざっくりパン―いちばんカンタンでおいしい! (主婦と生活生活シリーズ)

しばらくこれでパン作り続けてみます。

実はまだ、かなり初心者な問題(?)が残っているのですが・・・。とりあえず、このへんで。

スポンサーリンク

何をいまさら。(ONE PIECE)

ワンピース ゴーイングメリー号 (From TV animation ONE PIECE)

ONE PIECEにハマってしまいました。
今まで見くびっていました。
誰にとも言うわけではないですが、本当にごめんなさい。
読まないで知った気になっていた私がバカでした。
日曜のアニメを見ていたら、なんだか話が気になってきて・・・。

ONE PIECE 23 (ジャンプ・コミックス)
只今、23巻。
怒涛の勢いで読んでいますが、第一巻からずっと面白いです。すごいです 😮

近所の貸マンガ屋さんで借りて読んでますが、旦那さんと読み始める巻がズレているため(旦那さんは途中までの物語を知っていたから)同じ巻を2度借りることになってます。
ちょっとモッタイナイ気もするけど・・・。こりゃ、仕方ない。

だって面白いんだもん。

うちの息子はもしかして、◯◯レンジャーとかの戦隊物をすっ飛ばしてアンパンマンからONE PIECEに飛ぶかもしれません。フフ。
レンジャーものはなぁ・・・。私も旦那さんも、デザインとかがスキではない。

今のところ好きなのは、ブルックとサンジです。
ワンワンを見る目が変わりましたよ 😎

近況と、新しい編み物。(着回し自在なニットのふだん着)

40/4リネン(生成) しゃきっとしたコシのある清潔感たっぷりの麻糸です

なんだかんだと言ってたら、こんなに時間が経ってしまいました。わああ。
最近どうにもいろいろ、ブツブツブツ・・・。あまりよろしくありませんな。

とりあえず、息子は幼稚園、楽しくなってきたようです。ただそれだけに、疲れやすくなってるみたいですが・・・まぁ、仕方ないですね。 続きを読む

久しぶりのミシン♪(初めての通園通学BOOK)

子どもが幼稚園に入園するので早めにゲットしていたのですが・・・手を付けだしたのはギリギリになってからです :mrgreen: いろいろな本を見比べて、一番この本がシンプルで応用も効きそうだったので選びました。

実際に作ってみて、やっぱり良かったです。 続きを読む

お肌が荒れ荒れ。

とうとう私にも来てしまいました。
お肌の曲がり角。

特に化粧品を変えたわけでもないのに、急に目の周りと口の周りが痒くなりだして。
早めの花粉症かなぁ・・・やだなぁ・・・なんて思いつつ掻きすぎないように掻いていたら、掻きすぎてしまい 😥 まぶたは腫れ、目の下には今までに無いくらいの深いシワが2本。おまけに、今までなかったお肌の乾燥もすごいことに。 続きを読む

染み入りました。(酔いがさめたら、うちに帰ろう。)

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 (講談社文庫):鴨志田穣

毎日かあさんを読んでいて、西原さん視点のお話はよくわかるんだけれどじゃぁ、鴨志田さんからの視点はどうなんだろう?とか、サイバラさんがテレビやいろいろなところでアルコール依存症のお話をされているのを見て、ではでは・・・と読んでみました。

なんていうか、染み入りました。

アルコール依存症で離婚。10回の吐血。再飲酒。ついにアルコール病棟に入院することになった、元戦場カメラマンの「僕」。そこで出会った個性的な面々との生活が、僕を変えた。うちに帰りたい―。依存症を克服し、愛する元妻、子供たちとの時間を取り戻したが、そこには悲しい現実が…。笑って泣ける私小説。

続きを読む

美味しそう・・・なんだけど。(食堂かたつむり)

食堂かたつむり (ポプラ文庫):小川 糸

DVDにもなっていて、雰囲気のよさそうなお話みたいだなぁ・・・と思って読んでみました。

・・・う~ん・・・。期待ハズレでした・・・ 😥

同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。
山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始める。それは、一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂だった。
巻末に番外編を収録。

続きを読む

植物目線。(植物はヒトを操る)

植物はヒトを操る:いとう せいこう, 竹下 大学

ベランダ園芸でいろいろサイトを巡っていると、自然にたどり着いたこのお二人。対談集で読みにくいか?とも思いましたが、いとうせいこうさんの話の聞き方がうまくて、グイグイ読んでしまいました。

「人間の方がむしろ、植物に利用されているのではないか」…。ごく身近にありながら、異なる生命のシステムをつくり上げている植物に思いをはせれば、この世界は人間だけで成立しているのではないという、当たり前で、驚くべき真実が見えてくる。クリエイターと花のプロフェッショナルが繰り広げる、深遠で刺激的なサイエンス・トーク。

続きを読む