自家製リンゴ酵母に挑戦ーその1(液種おこし前編)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自家製のリンゴ酵母を作ってみました。
参考にしたのはこちらの本

自家製酵母でパンを焼く―四季おりおり

図書館でたまたま見つけたので、試してみました。前から興味はあったんですが、腐らしてしまいそうな気がして手付かずに。実際本を読んでみると、意外に簡単にできそうだったので挑戦というわけです。

まず1日目。
密閉容器とリンゴとお水でこんな感じに。
リンゴは朝ごはんの残りで、皮も芯も使えて無駄なく使い切れるのがヨイです 🙂 場所は暖かい場所ということで、炊飯器横に置いておくことに。

3日目。
少し液が濁ってきました。

4日目。
さらに液が濁ってきました・・・が、発酵がイマイチな気も。かき混ぜてあげると少しだけ、上の方に泡がプツプツと立ってきます。

やっぱり発酵がうまくいってないようだったので、この後テレビ前に移動させて様子を見てみることにしました。

家の中のじんわり暖かい場所って、貴重だなぁと実感。
家の中をウロウロしつつ、参考にしたのはクックパッドのこちらのレシピ。

液種を起こす◆自家製天然酵母の基本 http://cookpad.com/recipe/652720
**りんご酵母** http://cookpad.com/recipe/763491
自家製リンゴ酵母ちゃん http://cookpad.com/recipe/417478
自家製林檎酵母 http://cookpad.com/recipe/795799

皆々様に感謝です。

続く。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*