風呂敷の広さはピカイチ。でも。(FFXII)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ff12
ファイナルファンタジーXII
amazon >>

読んだ本とか、アップしないと・・・と思いつつ、昨日クリアしたんで先にゲーム記事をアップするあたり・・・。てへ☆

本作はPS2で発売された『ファイナルファンタジー』シリーズの最高峰であると断言したい。日本製RPGの強みと弱みは「一本道」に集約されると僕は考えている。「一本道」のストーリーがスルスルと進めばストレスなく遊べるけども、一度つまづくと進行が止まり長時間右往左往することになる。


ファイナルファンタジーXII
』では、ざっくりといえば帝国とレジスタンスを巡る戦いが本流となる。が、例えば強敵にぶつかり、その本流がつまづくことはどうしてもある。しかし、問題はない。サブミッションやモブ討伐、宝探し、アイテム集めがたっぷりと用意されていて、寄り道しているうちにレベルが上がり、気付くとゲームを進ませやすい状況が形作られている。( amazon >>より)

amazonの解説を見ると、すっごくプッシュしてますねぇ・・・。
私の感想は・・・あんまり・・・面白くなかったなぁ・・・。
でした。

この人もそうだったんですが、最近の流行りなんでしょうか?主人公(と、その周りの人たち)の感情が全くわかりませんでした。何のために命がけで旅してるの?あなたの最終目的は結局なんなの?そういう基本的なゲーム要素というか、そういうものが全く伝わってこなかったです。なんていうか、よくテレビで見かける現代の若者像(?)のような。
ポイントポイントでは、わからなくも無い場面もあったんですが。
基本的な感情がよくわかんなかったんで、「ふぅーん。そうですか。」程度の印象しかなかったなぁ。だから、プレイする機会もどんどん減って、最後のほうは億劫になってきたですよ・・・。

人間の感情なんて、その場しのぎも多々あるし、一貫して原因と結果が一致しているわけではないのだけれど、根本に持っている何かしらのものや感情は一貫してて、それがあるからヒトなわけで。(よく意味がわかんないですね。汗。)
物語として(不特定多数のヒトに対して)作るんなら、もう少しそこのところを見せてくれないと、よくわかんないよなぁ・・・というのが率直な(?)感想でした。

唯一の救いは、バルフレア・バッシュのかっこよさとムービーの美しさ。ヴァン君の調子っぱずれな台詞はともかく、バルフレア・バッシュはホント、かっこよかったなぁ。でも、年齢設定がおかしいと思うぞ(バルフレア22歳・バッシュ36歳)。ていうか、あんな22歳は嫌だなぁ。せめて20代後半?だと思うんだけど。
あぁ、それと。戦闘のシステムはそこそこに面白かったですが(ガンビットとか)、次もしたいか?というと微妙です。

次が出るとしたら、PlayStation 3ですかねぇ・・・。
いろんな角度から、厳しいですね・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. aro より:

    あけおめです。お久しぶりです。
    年賀状、ありがとうございました。

    あ?、FFですか。10で止まったままですね。
    最近playしてたのは「.hack//G.U.」ぐらいですね。
    http://www.hack.channel.or.jp/gu/

    サクサク進みますよ。

    あとは・・・「リネージュ?」。^^;
    FF12以上に目的がありません。困ったもんです。
    http://www.lineage2.jp/

  2. yonaga より:

    aroさん、お久しぶりです。
    「.hack」って気になってたんですが、シリーズものらしいとわかって(時間かかりそうだから)なんとなくそのままになってます・・・。

    今気になっているのは「KINGDOM HEARTS II FINAL MIX+」です。どうやら3月末発売のようで、今から楽しみ。
    それまでは買ったままになってた「MOTHER3」をする予定です・・・って、我ながらゲーマーだなぁ(^_^;)

コメントを残す

*