のど元は急所です。気をつけましょう。(お父さんのバックドロップ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

backdrop_papa.jpg

お父さんのバックドロップ
amazon >>

ほぼ日強力プッシュ+たまたま映画館の近くにいた+もう上映が終わってると思ってたら、ちょうど上映されてた ということで、観ました。

これはね、あれですよ。
わかってても、泣いちゃいますよ。
強力プッシュ。
おすすめっ!!

内容:
中年プロレスラーとその息子の父子愛を描いた中島らもの短編小説を映画化。12kg体重を増やしプロレスラー役に挑んだ映画初主演の宇梶剛士と『インストール』の人気子役・神木隆之介共演によるハートウォーミングドラマ。(amazon >> より)

感想:
amazonの内容案内に、「ハートウォーミングドラマ」とか書いてあるから、それだけで引きそうな感じがしますが・・・引こうと思ったそこのアナタっ!!ちょっと待ってくださいな。それだけで観ないのは、もったいないですってば。

もうねぇ、お話ももちろん良いんだけど役者さんがみんな良いのっ!
ちょっと太めの宇梶さんのプロレスラーのお父さんも、東京育ちでちょっとすました感じの神木君も、お父さんのお父さん(おじいちゃんですね)の南方英二さん(チャンバラトリオの人)も、いろんな役者さんがみんな良かったです。(生瀬さんは個人的に好きだし♪)

特にビックリしたのが、神木隆之介君。
神木君の演技を実写で観るのは始めて(ハウルの声優は知ってましたが)でしたが、あれだけの演技ができる神木君はホント、すごい役者さんだと思いました。

みんな、楽しそうに何気なく暮らしているようなんだけど、それぞれにいろんな悩みとか困ったことを持ってて、それでもこうやって暮らしてるんだよ という雰囲気が(けっして押し付けがましいわけではなく)画面からにじみ出ててよかったー・・・。

なんだか褒めすぎてるようだけれど、だって良かったんだもの。
原作を書かれた(故)中島らもさんも出演されてます。

たぶん低予算の映画だろうなぁと思いますが、やっぱり映画は製作金額ではないですね。
奇抜さばかりが良いとは限りませんね。
王道でも、わかってても、良いものは良いし、やっぱり泣いちゃうんです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*