ハニィー・・・フラァッシュ!!(キューティーハニー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cutie_h.jpg

キューティーハニー amazon >>

最近DVDづいてます。
立て続けに2本見ちゃいました。(それも両極。笑。)

内容:
上司に怒られつつもOLライフをエンジョイしている如月ハニー(佐藤江梨子)の正体は、「Iシステム」を発動させて何でも変身できるアンドロイドであった。しかし、そんなハニーのIシステムの秘密を探るべく、悪の結社パンサークローが動き出した。ハニーは謎の新聞記者・青児(村上淳)やガチガチの警視庁刑事・夏子(市川実日子)とともにパンサークローが送り込む刺客に立ち向かっていく!
永井豪・原作の人気TVアニメをベースに『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督が実写映画化した話題作。アニメ版のサイケでポップなテイストを活かしつつ、70年代TV特撮ヒーローものの雰囲気も盛り込み、その上でマンガやアニメを含む永井豪ワールド全体への敬意を表した作品に仕上がっているのが何よりも嬉しい。(amazon >> より)

感想:
楽しかったです。
サトエリちゃん、かわいいですー。
なんていうか、アニメっぽい台詞みたいなのがあったりしたんですが、彼女なら許せますね(笑)。ナイスバディ?だし、配役に言うことなしです。クールな市川実日子ちゃんもかわいかったです。

うーん。ただ・・・
後半にかけて、パワーダウンしたかなぁ?という気がしました。

前半の画面とか演出とか、作り込みの大げさっぷり・バカバカしさにはかなり笑ったんですが、後半はわりと落ち着いて見ていたというか。
なんだろう、もうひとつ何か、足りなかったような気がしました・・・。

画面がたくさん揺れるんで、DVDで良かったです。過去に、画面が揺れる映画で酔ってしまった経験があるので・・・(汗)。あのダイナミックさは、アニメ監督の経験からくるものでしょうかねー。

あ。それと。
ミッチーが出てたんだけれど、あんなに白黒まっぷたつの顔だったら、ミッチーの美しさが伝わらないよう(泣)。ま、これは個人的ファン心理なので仕方ないことですけれどもね。

すっごく”おバカ”を期待して見ると、ちょっと期待はずれかも?
どっちつかずになっちゃった感は、あるかもしれないです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*