深い・・・(イノセンス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

innocence.jpg

イノセンス amazon >>

内容:
人々が電脳化された近未来。少女型の愛玩用ロボットが暴走し、人間を殺傷するという事件が頻発する。それを捜査する公安9課の刑事バトーは、自らの脳にハッキングを受けるという妨害を受けながらも、真実に近づいて行く。1995年に公開された『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の直接的な続編であり、押井守監督のアニメ作品としても9年ぶりとなる、全世界待望の1作だ。前作の主人公、草薙素子ももちろん”登場”する。
美麗なCGで彩られる画面の情報量も、サスペンス調の本筋を時に逸脱して語られる”禅問答”の量も、前作を遥かに凌駕。躊躇なく難解な一方で、バトーという寡黙なサイボーグに感情移入しやすい味付けがなされているのが今作のミソだ。そうして描かれる”未来”は、機械とネットに支配されながらもこの上なくウェット。それこそが、前作が提示した”人間とは、魂とは何か”という問いへの渾身の回答なのだろう。…(amazon >> より)

感想:
きれいでしたー。
ため息が出るくらい。

でも、内容が消化しきれませんでした(汗)。
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』を観たのはだいぶ前のことで話のほとんどを忘れていましたし、濃い内容がたくさん詰まっていたのでレンタルDVDで観たくらいでは消化しきれないなぁと。それもDVD特典(なのかな?)の前半15分の世界観解説を観てのことですから、この解説がなかったら、何が何やらチンプンカンプンだったと思われます(大汗)。

世界観(ていうのかな?)が、面白いんだけれども、なんだかコワかったです。
なんていうか、背中のうしろ、遠くの方からじぃっ?ー・・・っとこっちを見られてるようなコワさというかなんというか。
面白いんだけど、私にはこういうの、あまり向いてないかもしれないなぁとも思いました。ロボットとか人が作り出した人形みたいなシチュエーションは、思いっきりファンタジーの『F.S.S.』のが個人的に好み(?)なのです。全く毛色がちがうから、あまり比較にはならないのですけれど・・・。

それと。
私、このDVDを観る前に『PLUTO』を読んじゃったんですよ。
それも、DVDは観る時間が深夜遅かったので前半と後半に分けて観ちゃったんですよ。
もう、頭の中、混乱しまくりでした・・・。
あぁ、タイミング悪かったなぁ。

PLUTO』は面白かったです。
これからが楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*