夜空とアイスキャンディ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、焼肉を食べに行きました。
都心にある(若者向け?)スタミナ太郎みたいなところで。
(若者ではないですが、お財布がさみしいのです。泣。)

・・・で、まぁ、火にむかってお肉をしゃぶしゃぶすれば焼けてしまうような、そんなかんじのお店でたらふく食べたところで、お会計をしたわけです。で、これからお店を出ようかというところ。

お店のお兄さん:「デザートにアイスがありますが・・・。」
私たち:「あ、食べます。ください。」

これがいけませんでした。
この日は久しぶりに、冬らしい寒さの一日。
そして、会計を済ませた私たち。
店内にいる理由がありません。

キャンデーの袋を取って、外に出てみるとそこはもう雪国です(嘘)。
でもほんと、寒いのなんのって、罰ゲームのようでした(笑)。
すれ違う人には、ものめずらしい目で見られるし。
シチュエーション的に、自分でも笑えたんですけどね。
身にしみる寒さを覆すことはできませんでした・・・。

甘いものは別バラといいますが、食欲の前に状況は判断しなければ・・・。
深く学んだ1日でした。
(お店のお兄さんも、もちょっと早めに教えてくれたらいいのになぁ・・・)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Holly より:

    こんばんは!

    罰ゲームご苦労様です(笑)

    外でアイスを食べるには寒さが中途半端だったかもしれませんね。アイス好きで知られるロシアでは真冬でも外で食べる人が多いみたいで、全然普通の光景らしいですよ。外気温はもちろん氷点下で、さぞかし寒いのではと思うでしょうが、アイスの方が遙かに温かいそうです。これに懲りず次回はもっと寒い日に・・・健闘を祈ります。

  2. yonaga より:

    ・・・いやぁ、もうこりごりです(笑)。それにしてもロシアの真冬、外で食べるアイスって・・・。うぅ。考えただけで寒くなりました。ぶるぶる。

    あ、でも、あったかく感じるアイスっていうのは、確かに気になりますね。←懲りてない(笑)

コメントを残す

*