読みやすいミステリー(半落ち)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hanochi.jpg

半落ち 横山 秀夫著
amazon >>

「半落ち」を読みました。私が手にした時点で図書館に返す期日が迫っていたため、読書スピードの遅い私は半分”読み終われないなぁ…”とあきらめていたんですが、実際読んでみるとさっくりと読めましたよ。

あらすじ
早くにアルツハイマー病におかされた妻に請われ、妻を殺してしまった警察官の物語。彼は完全に容疑を認めているものの、殺人から自首するまでの”空白の2日間”のため、「半落ち状態」になってしまう。完全黙秘を貫く警察官。”空白の2日間”に一体何があったのか・・・?

感想
静かに、熱いお話でした。それぞれの立場の人物が、それぞれの視点でこの物語を進めていきます。全体に、オヤジ濃度が濃いのですが(笑)深みのある人たちなので、読んでて”シブイ・・・”です。オヤジと書くより、親父な感じ。横山 秀夫さんは短編が多いということですが、よくまとまった短編が集まった感じです。何かちょっと本を読みたいけれど、さて、何を読もうか・・・なんて人には、オススメ。テレビドラマになってる「顔」 amazon >>も書かれてます。

ところで、小野不由美さんの新刊がそろそろですね。「くらのかみ」 amazon >>小野さんで、座敷童子で、蔵。怖そう・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. がぶりん より:

    初めまして 教えてください
    空白の二日間とは何ですか
    また 犯人はどうして51歳まで行きようとしたのですか

               中三 男子です

  2. yonaga より:

    はじめまして。

    お尋ねの件ですが、回答するのは遠慮させてください。
    がぶりんさんがこの本を読まれたのか、まだ読んでいらっしゃらないのかがわからないのですが、遠慮させていただきたい理由は、お尋ねの2点(●空白の2日間とは? ●犯人はなぜ51歳まで生きようとしたのか?)がこの物語の一番のポイントになると思うからです。
    ポイントだけに絞ってお話しするのは、ネタバレしますし、あまり好きではないのです。
    (私はいつも、なるべくネタバレしない範囲内で感想を書いています。)

    でも、
    どんなところが面白かった。
    とか、
    こんなことを考えさせられた。
    というふうに、話すのは好きですよ。

コメントを残す

*