愛と勇気と少年少女。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

harry01.jpg

Harry Potter and the Sorcerers Stone (Harry Potter (Paper)) : J. K. Rowling (著)
amazon >>
DVDはこちら

もう皆さんご存知の、ハリーポッターシリーズ第一巻です。あれだけ騒がれたし、何にも知らないのもなんだよなぁと思って amazon >> を見てたらば、日本語版より断然英語版のが安いじゃないですかっ・・・!これだったら、ちょっと買ってみてもいいかなぁ・・・なんて思って買ってみました。一応、対象: 9-12歳児ですし(笑)。

あらすじ :
ハリー・ポッターは孤児。意地悪な従兄にいじめられながら11歳の誕生日を迎えようとしたとき、ホグワーツ魔法学校からの入学許可証が届き、自分が魔法使いだと知る。キングズ・クロス駅、9と3/4番線から紅色の汽車に乗り、ハリーは未知の世界へ。親友のロン、ハーマイオニーに助けられ、ハリーの両親を殺した邪悪な魔法使いヴォルデモートとの運命の対決までの、息を飲む展開。9歳から108歳までのファンタジー。(amazon >>より)

感想 :
え?と、まず、面白かったです。よくできてると思いますよ。ただ、心酔してしまうほどではないですが・・・。ハリー君のいろんな冒険は、読んでてツッコミを入れたくなる部分もありますが(笑)、全体を通して楽しいお話でした。(ホロリもあり。)

とはいうものの、いかんせん全部英語なので、かなりの部分は私の想像力+映画(ビデオで見た)で補って、細かいところがサッパリわかってないのも事実・・・。もう少しちゃんと読むと、まだ新しい発見があると思います(汗)。わからない単語を辞書で調べるなんてことしてたら、”絶対に”つまんなくなっちゃうと思っての、ハリーポッター(とりあえず1冊)読破作戦なのでした。

あ、でも、結構読めるモンですよ。たまに日本語版立ち読みしたりして(笑)。半分を過ぎたあたりから、わりと面白く思えるようになったかな?

ところで私、あまり気にせずに英語版を買ったんですが、これって”UK版”と”US版”があるんですね。検索で1番に引っかかった”US版”を買ったんですが、著者のJ. K. Rowlingさんは英国の方。おまけに、第一巻のタイトルはUKとUSで違うそうですね。あ?、知らなかった・・・。というわけで、第二巻目はUK版を買ってみました。

さて、いつ読み終わるだろうか・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*